含まれる栄養素

トマトの栄養の中でも注目されているのはリコピンです。リコピンは抗酸化力が高く、ビタミンEの100倍とされています。また、熱に強く油にも溶けやすいため加熱調理にも耐える事ができるのです。トマトの実よりも種子や皮の方がリコピンが多く含まれているため、丸ごと食べるのがおすすめです。

また、ベータカロテンやビタミンC、ビタミンEなども多く含まれています。ベータカロテンは体内でビタミンAに変化するため、美肌を助ける働きを持っているのです。さらに余分な塩分を排泄してくれる働きを持つカリウムも比較的多く含んでいるため、現代人の食生活とトマトは相性抜群なのです。減塩生活を送っている人などは、ケチャップやトマトソースなどを合わせて摂取することによって旨味を増強させる上にナトリウムの排泄も手伝ってくれる効果が期待できます。

もしもトマトを食べるときには加熱調理をするのがおすすめです。加熱調理をすることによって、カサも減りますし、他の食材も合わせて食べる事ができるので栄養バランスを整える事が出来ます。ミートソースなどを作り置きをしておくことによって食卓に出しやすくもなります。また、熱に強く栄養素が壊れにくいものが多く含まれているため、トマトの持つ栄養素をそのまま摂取する事が出来るのです。