旬について

野菜にはそれぞれ旬というものがあります。現代の農業技術の進歩によって、どのような季節でも様々な野菜が食べられるようになったとはいえ、地球の歴史上植物が辿ってきた進化というものは根元として残っています。そのため、その野菜のシーズンに合わせて食事を楽しむということは、気分としての意味合いもさることながら栄養学的にも大いに意味があることなのです。

現在ではビニールハウスなどで温室栽培されているトマトですが、ベストシーズンは7月から8月だと言われています。真っ赤に熟したトマトを見ると「夏」を感じるという人も少なくありません。熊本や愛知では冬から春・夏にかけて栽培されていますが、茨城や北海道は夏から秋にかけて栽培が盛んになっています。そのため、もしもこだわるのでしたら、その時期によって産地を調べてみるのも良いでしょう。

さらに注意が必要なのがトマトは高温多湿に弱いということです。そのため、夏のトマトは味が劣るといわれています。そういったこともあって、美味しいトマトを食べたい時には湿度が低く、さらに日照時間が比較的長い春や秋が良いとされているのです。この時期のトマトは甘味も強く栄養価も高いとされているためサラダとしてそのままいただくのがおすすめです。