トマトの基礎知識

トマトは南米原産の野菜でナス科に属しています。16世紀ごろにヨーロッパに導入されてから品種改良が重ねられ、今では世界中の人々がトマトを食べています。日本に伝来したのは江戸時代に入ってからで、当時は「赤ナス」と呼ばれていました。本格的に日本でもトマトが食べられるようになったのは明治時代に入ってからで、一般的な食卓に普及されたのは第二次世界大戦後です。

また、トマトの品種といえば「真っ赤な完熟色」を想像する人が多いかもしれませんが、実際には黄色やオレンジのものもあります。そのため、彩りのために複数のトマトをミックスしてサラダにする人も多いです。大きさも小さいものや中くらいのものもあるため、自分のライフスタイルに合わせて様々な品種を選ぶ事が出来るというのもトマトの魅力として挙げられるでしょう。

トマトを購入する時には、まずヘタに注目しましょう。ヘタを見ればどのくらいの鮮度が保たれているのか、どのくらい成長しているのかという事が分かります。瑞々しい緑色をしていて切り口がきれいなものがおすすめです。また、トマト自体も硬くしまっていた方がおいしいといわれています。スカスカのものではなくずっしりと重たいものが果肉が詰まっていて濃厚な甘さを持っています。