野菜の栄養について

毎日の食事は健康を形作る上で大切なものです。さらに、近年は少子高齢化などの影響によって年金不安や医療費の増大など、健康リスクが貧困につながると懸念されています。そのため、日頃から野菜などをバランスよく取って栄養に気を配る人が増えてきました。では、栄養価の高い野菜とはどのようなものなのでしょうか。

夏野菜の代表として扱われているトマトは16世紀ごろから世界に広まり始め、日本で食卓に普及したのは第二次世界大戦以降です。こちらは旬は夏だと言われていますが、実際に栄養価が高いシーズンは春と秋であるということはあまり知られていません。
ミニトマトは普通のトマトに比べて栄養価が高いです。小さくて食べやすい上にお弁当などにも入れやすいというメリットがあります。
トマトはタンパク質と合わせて食べる事で食事のバランスが良くなります。ミートソースや卵炒めなどにして食べるのがおすすめです。
トマトはリコピンやビタミンC、ベータカロテンなどが多く含まれています。カリウムが含まれているため減塩にも役立ちます。

「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざもあるほど、その栄養価の高さが古くから知られていたトマトですが、より詳しい知識を持つことによって、より健康な身体を作る事が出来ます。


★管理人推奨リンク★
コンビニ弁当やファストフードなどが盛んになり、現代の食事は野菜不足になりがちとも言われています。そこで積極的に野菜を取り入れたいという人に人気なのが、ネットで注文できる野菜通販です ⇒ 野菜 通販